読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松本潤担ブログ @ニューヨーク830番地

遠くても。同じ空の下、繋がってるよ、とあなたが言ってくれるから。

翔さんの言葉の引き出し~嵐にしやがれ その1

競泳の北島康介選手をゲストに迎えた5/12の嵐にしやがれ。

芸人やアナウンサーが居ないことで、嵐さん特有のまったりトークを堪能できた回でした。妙にトークが長いなと思ったらまさかの2週跨ぎ。ご馳走様でーす!

メンバーの質問から垣間見れる、嵐の興味の対象。もちろんカンペによってある程度の方向性は指示されているんでしょうが、やはり同年代の青年らしい質問の数々でした。そういうのにヲタゴコロがくすぐられるのです。

それにつけても櫻井翔の言葉の反射神経が真剣に羨ましい今日この頃。メンバーの言葉を巧みに拾い、補いつつ締めるウィットに富んだあの的確なコメントたち。

何より「コメント決まった人」じゃなくって「優勝決まった人どんどん来て」って、なんて面白くて的を射た表現ができるんでしょう!

潤くんの「肉食いてぇ~」には「まずは200gから」って。そうだよね、大体200g位が適量だよねぇ(爆)

大野さんの発したそのままでは少しスベったかな?な「次はエラ呼吸だ!」に対して「人類の進化に挑戦」とすぐさま救い上げ畳み掛ける瞬発力。もぅ、全面降伏でゴザイマス。

北島選手が優勝した暁に発するコメントの予行練習(笑)では、メンバーが各自真剣に考えこむ姿を見て

「結構本気で考えてくれてますね。」

そうなんですよ、北島さん。嵐さんってこういう場面で決して笑いを取ろうとかせずに、真面目に考えてくれるんです。Viva、嵐クオリティ♪ 嵐さんのそういうところが私は大好き。

それはそうと。

潤くんが「すごい前向きに考えた」すき焼きのくだり、ゲスト置いてきぼりで本人たち盛り上がってましたが、よくまぁカットにならなかったよね。(ディレクターさん、ありがとう!)

潤担としては、潤くんがすき焼きを選んだことで、地球滅亡前最後の晩餐は家で家族や友人と楽しく過ごしたいと思っていることが分かり、なんだかココロが温まりました。

そこに激しく喰い付きがんがんツッコミを入れるメンバーも可笑しかったし。

「マジ?」

「なんでなんでなんで」

「そんなに好き?」

「食べてるイメージ無いよ」

「初めて聞いた」

「見たことないよ」

「10何年一緒にいるけどすき焼きだけはないよ」

「言ってよ!」

「水くさいなぁ!」

「家でやってたんだぁ」

ゲスト、ポッカーン( ゚д゚)

爆笑!ヾ(*≧∀≦)ノ彡☆バンバン!!

いつの間にか大人になっていた末っ子の、普通なら知っていて当然な嗜好を突然聞かされて全力で慌てふためく兄たちの図って感じでおもしろ~い。

てなわけで、とても楽しませて頂きました、ハイ。

どういう事情で嵐さんとゲストのみになったかは分かりませんが、翔さんの大活躍があれば特に芸人は要らないんだという証明になった気がします。(もちろん翔さん一人に背負わせる気は毛頭ございませんが。)

嵐さんの真面目で緩やかだけどどこか面白いという持ち味がそのままショウケースされて、とても興味深いトーク番組に仕上がっていたと。

一般に芸人が出る回の人気が高いのは否定しませんし、芸人さんの存在自体を全否定する気はありませんが、芸人さんが入り込むことによって他の番組とたいして変わらなくなる気がします。

せっかく嵐の番組なんですから、他との差別化を図るためにも今後はよほど嵐さんの空気感を殺さない人材に限定して起用する方向で考えていただきたいなぁ…と思うのは嵐ヲタの勝手な言い分なんでしょうか。

まだまだ書きたいこと沢山あるんですが、あまりにも長い…。

本編も2週跨ぎなので、私も明日に続くことにします。

明日は潤くんについてのツボ語りしますので宜しければまたいらしてくださいm(_ _)m