読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松本潤担ブログ @ニューヨーク830番地

遠くても。同じ空の下、繋がってるよ、とあなたが言ってくれるから。

言っていいんだよ。[末ズシェアハウス その3]

しつこく引きずっております先週のひみつの嵐ちゃん。本日のお言葉(もうお言葉で統一することにしました)は、我らが潤担代表・大島美幸さんの言った

「(好きって言って)いいんだよ。言っていいんだよ。」

でございます。

もちろん小原さんの場合は、近くにいるあまりにも熱狂的ファンを公言している人の手前なかなか言い出しにくかったという感じなんでしょうが、私がそれとは別部分で感じるのが、なんかね、世間的にはあまり松本潤を好きって言うのが憚られる的な空気があるのかな?って。

もちろん、あんなにカッコよくて素敵な潤くんのことを好きっていうと、アンタ自分のこと鏡で見たことある?とか言われるんじゃないかとか(笑)、こんなオバサンがファンじゃ潤くんに迷惑なんじゃないかとか、色々あるのかなー…。(実は私もちょっと思ってたりするし。)

それともやっぱり潤くんに対しては、好きな人はめちゃくちゃ溺愛だったりするので、ゆる~くカッコいいな〜って思ってるくらいの人はあまり好きって言い難いのかなぁ。

前にも書いたけど、潤担さんってツイッターでも鍵っ子が多いし、ブログも割りとひっそりと運営されていてブログランキングではあまり姿を見ないので、サイバーワールドでは一見ファンが少なそうに見えるんですよね。

もちろん実際はそんなことはないでしょうけど。鍵っ子さん、私を含め想いが結構深くて重い人多いし。

そして自分がブログで好き勝手書いて潤くんの迷惑になるのが嫌という極々謙虚な方々も割と多そうです。

なので憚らずに好き好き書きまくっているブログをランキングに参加させている私はある意味異端児かもしれません。(ランキングは時期を見て外すかもしれませんが、今のところ現状維持。)

でもね。

みんなにももっと言って欲しいな。世の中には黙っていたら始まらない、声が聞こえないと届かないこともありますからね。

それに自分のことを好きだ、ファンだ、って言う声が聞けることは潤くんにとって嬉しいことではないかしら?言うても人気商売ですからね。

☆ ☆ ☆

さて。

私から見た大島さんは、ある意味すでに潤担としては特権階級にいるお方にも関わらず、潤くんと接する際のスタンスがいつも変わらず謙虚で好感が持てます。 あれだけ仕事で多く絡んできたのに、未だに潤くんの前での態度が本人にファンであることを明かした時から全然変わっていないみたい。

潤くんの方が「この人は味方」って感じに打ち解けて見えるのは私の気のせいでしょうか。

潤くん、「相撲、してぇなぁ…」って言ってましたね。あれって絶対にあの時(宿題くん)の相撲のこと思い出してたよね。あれはホントにすごいインパクトあったし、お腹痛いくらい笑ったもの(最後のほう、大島さんには可哀想なことになってたけども。)潤くんも大爆笑だったもんね。森三中とのいい想い出なんでしょうなぁ…。(え、あれが?笑)

大島さんが嵐さんの番組中不機嫌になったりする時って、潤くんに対して失礼になることを心配したり、潤くんの体のことを心配したり、更には嵐ファンの気持ちを慮ってのことが多いように感じます。

今回も、モノマネが始まった時、

「そういうんじゃねぇんだ。ふつうでいいんだ。」

と吐き捨てるようにおっしゃいました。一瞬、なんでそんなに不機嫌?と思いましたが、多分あのセリフの枕詞には「ファンが見たいシェアハウスは」という言 葉が加わるのではないかな?と推察します。

なぜそう思うかと言えば、大島さんが不機嫌になったのはここだけではなくて、その後もファン的に面白くもなんと もない、むしろ不快では?という部分に対してだったので。

だって「秘密を耳打ち」とか「自分の友人の子に電話」とか、ファン的には何それ〜?ですよね。

誰かが「うちの親にも電話して貰おうかな」って言ってましたけど、…う~ん、無礼講だから許せって感じなのかしら…。

ちなみに、私は電話はファンの子のリアクションが面白くて楽しめましたが、耳打ちみたいな利己的なリクエストには虫唾が走りました。きっぱり。

正直、あんなの見せられるファンの身にもなってくれ、ですよ。触れられないのは仕方がないことと諦めているけれど、その秘密、私たちだってどんだけ知りたいか!

もちろん潤くんのことだから、長く喋っていても実は大したことのないことでしょうけどね。髪の毛、よく見ると襟足の真ん中だけがちょっとだけ長い、とか?

ごめん、愚痴った。話を戻そう。

嵐様ゲーム3回戦中、潤くんと大島さん、ふたりっきりで半地下でお話しされていましたが、潤くんに小さくで すが頭下げてましたね。(鬼のようにガン見したので間違いありません。)電話の後だったこともあり、メンバーのしたおかしなリクエストに乗ってくれたこと に恐縮してしまったのかな…なんて考えていました。

小原さんも空気を読んで、さっきはドラマの松本潤が好きって言ったのに、邪魔しないように小芝居をスタンバイOK状態だった二宮氏に振るあたり、大島さんの潤愛の在り方は仲間内でもレスペクトされているんだなぁ…と思いました。

特権階級にありながらそこにあぐらをかかず、いつも一ファン目線で嵐の番組を見てくれている大島さんには共感する部分が多いです。

今回は人間ドック前の体を守ってくれて感謝です。大島さんが居てくれて良かった。あの瞬間あなたが天使に見えました。ありがとう( ´ ▽ ` )ノ

でも大島さん、ファンクラブに何百万人、は盛りすぎです(笑)。今、大体120万位だからね。多くは一人の複数名義だと思うし。

そしてあの勢いなのに、絶対に手を触れないというその一線の引き方も思い遣りだよなぁ…。もちろん触れるなんておこがましい!って思ってるのかもしれませんけど。

以前、浜田ブリタニーさんが嵐ちゃんに出て「もっとオラオラしてくださいぃぃぃぃ」って潤くんに迫っていった時のこと思い出しました。彼女も強引に攻めているように見せかけて、実はきちんとわきまえている方でした。

潤くんにも

「お前、いいね。これ以上は近付かないんだね。」

って、その謙虚さを評価されてましたよね。

要するに潤くんはそういう謙虚さをきちんと汲み取ってくれる人で、潤くんのそんな繊細で優しい部分に多くの潤くんファンは惹かれるのではないかな、と思うのです。

だからそんな優しい人に対して土足で踏み込んで行くような人を見るとムカムカしちゃうの。

要するに、大島さんはほんとうに潤くんのことが好きで、そしてファンの気持も考えてくれているんだなぁというのが分かって嬉しかったって言う話でした。長々と失礼しました。

いや、ほんとに長いな…。自分の執念深さが怖いわ。

★ ★ ★

さて。

前振りもなくぬるーっと追記ですが。

ちょっと物凄くネガティブなことなので書くのをためらったんだけど、やっぱり一言吐き出したい。

読んで不快になるかもしれない悪口なので、そういうのが嫌いな人はここで回れ右してください。

★ ★ ★

それにしてもいとうあさこよ。(ちょっと怒ってるので呼び捨てにて失礼。)

あなたは常々色んなジャニタレに色目を使っていますけどね、ほんとに利己的な人ね。

自分でも言ってたもんね。「後ろで飲んでる自分が好き」って。(自分かい、おい!)

みんなが思う7万倍いい思いをしたのはあなただけ。番組的に視聴者は全然面白くない。

プロポーズみたいな小芝居ネタの方が、演技として捉えられる分ファン的にはどれだけ嬉しいか。

ちゃっかりちょこちょこボディタッチしかけたりして、あわよくば、っていうのが見え見え。

ものすご~くもやっとさせられました。悔しいけどね。

10時以降食べちゃいけない潤くんにスタッフが10時回ってますって言った時、

「ダメだって、本当のこと言っちゃぁ〜!」

って言ったけど、どういう意味ですか?

潤くんを騙してでも自分の作った弁当を食べさせたい?

折角作ってきてくれたのに申し訳ないから食べるよ、という潤くんの自己犠牲による優しさを自己満足のために良しとするんですか?

もちろん10時きっかりに消化活動がストップするわけじゃないっていうのもわかる。それは飽くまでガイドラインだって。

でもさ。

理由があっての10時設定な訳で。

自分の好きな人がそのせいで再検査とかになったら嫌じゃないの?

再検査になったら仕事にも響くだろうし、ともするとまたバリウム飲まなきゃいけなくなる。それは苦しいよ。潤くんに必要以上に苦しい思いはさせたくない。(私はね。)

それにバリウム飲むと、その後もね、なにかと大変じゃないですか(^_^;)

潤くんのこと好きだから近くでお酒飲めて舞い上がっちゃったんでしょうけど、もう少し配慮して頂きたかったな。色々とね。

もう少し思慮深いほうが人間として魅力的だと思います。

★ ★ ★

スッキリした。

もうこのことについては言わない。-----

COMMENT:

AUTHOR: ku-

EMAIL:

IP: 61-26-116-156.rev.home.ne.jp

URL: http://blog.goo.ne.jp/yfa92619

DATE: 07/03/2012 19:29:44

TITLE:

SECRET: 0PASS:

こんばんは~

まったく!と言って同じ感想でした。

なんか、大島ちゃんが、可愛くて・・・あさこは、ファンを語って欲しくなかったです。

半地下にいた2人も気がついた方、どのくらいいたのかしら?と思ってました。

芸人が嫌いなのでは、ないのです!

ただ、うるさくて森三中だけで、良かったのでは?と思いました~。

それで、ブログへ書くのを止めてしまったのです・・・私!

にこりんさんの記事を読んで、すっきりしました~

同じ思いしてる方がいるのが、嬉しかったです!