読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松本潤担ブログ @ニューヨーク830番地

遠くても。同じ空の下、繋がってるよ、とあなたが言ってくれるから。

潤くんのお芝居について思うこと

前回のしやがれ小芝居についてのエントリに沢山の拍手&コメント頂きまして、ありがとうございます。

拍手コメントは基本的にお返事することはないのですが、潤くんのお芝居に関して皆様色々な想いがあるのだな、ということが分かり、その想いをシェアしていただけたことを嬉しく思います。

記事への公開コメントの方でも素晴らしいお言葉を頂いていますので、皆さんにも是非ご覧頂きたいな、と思います。

潤くんの芝居の良さをなかなか簡単に分かって貰えないことを悲しく思っている方が多いのですね。

でも演劇ってエンタでありアートだから、必ずしも見る側皆が同じチューニングが出来るとは限らないし、私が絶賛する潤くんのことをどうも好きになれないし演技が上手いなんて思えないって人もいて当然なんです。

逆に私も上手なばっかりじゃ興奮しませんし、たとえ皆が絶賛する人の演技力を認めても、良さが今ひとつ伝わって来なかったりしますもの。

演劇は勝ち負けじゃないので、誰が一番上手いとかは比べようのないものだと思っています。

いろんなタイプの役者さんがいますしね。

松本潤という人は、アイドルという仕事をしている以上、同年代の俳優を専門にやっている方々に比べると芝居の経験値が格段に低くなっているにもかかわらず、知名度と年齢というくくりからそういった若手俳優陣と同列に置かれてしまうという運命にあります。

アイドル的には割と早くからドラマ、舞台、映画と出演しているので出演作は多いのですが、芝居の稽古をする時間もろくに取れないでしょうからほぼ出演作=経験値だと言っても過言ではないのかな、と思います。

それでも限られた時間の中で生み出してきた数々の作品での役での圧倒的な華と存在感は専業俳優と同列に置かれても全く引けを取らないし、すべての役において松本潤ではなく役の人物として存在できる貴重な才能の持ち主だと思います。(ええ、溺愛です。絶好調、超!です。)

ただ潤くんもニノも自分たちがアイドルであることをいつも念頭に置いて、潤くんに至っては専業ではないことで時間が取れないこと、経験値の低さへの引け目のようなものを感じつつ、与えられたチャンスに全力を注いで取り組んでいるという姿勢が見受けられます。

Perfumeちゃんとのシェアハウスで、もっと踊りの稽古をしたい、と言った様に、潤くんがしたいことは実は何かの作品に出演という形で芝居をすること以前に、今回の小芝居のようなエチュード形式の芝居の稽古を積んでいきたいのではないかな、と考えました。

ラキセの現場でテストを繰り返す内にどんどん芝居が変わっていくことをものすごく楽しんでいたり、「あゝ、荒野」で比較的長く芝居の稽古に専念する時間を確保できたことを喜んだりと、どれだけ「稽古場で起こること」に飢えているのか…。

演劇は本番で板につく以前の稽古の過程が苦しくも面白いのだということを、身を持って知っているのかな、と思います。

潤くんほどの鋭い勘と豊かな感受性、繊細な表現力の持ち主は、こういった地味な稽古を積むことによりもっともっと鍛えられ磨かれ、それが自信へと繋がっていくと思うし、きっと本人もそう気付いているんじゃないかな、と思うのです。

ただ現状としては仕事以外で演技をする時間はないでしょうね…。

一週間に一時間だけでもいいから継続的に基本のお稽古が出来るようになるといいんでしょうけどね。やっぱりそういうのは難しいのかな。

これから24時間テレビとアラフェスにむけて大忙しでしょうしね。

以上、潤くんのお芝居について思うことでした。ほんとに、思います、ばっかりだな(^^)

☆ ☆ ☆

アラフェスと言えば、申し込み終了しましたね。

私は申し込みしなかったので当落を待つドキドキは回避しました。

がやっぱり寂しさはありますねー。

ま、仕方がない!

ツアーが私の行かれる日程で行われることを祈ることにします。