読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松本潤担ブログ @ニューヨーク830番地

遠くても。同じ空の下、繋がってるよ、とあなたが言ってくれるから。

シェアハウスづいてる潤くん

気づけば綾瀬はるかさんゲストの泣き虫さんシェアハウスと吹石一恵さんゲストのバンビズシェアハウスのことを完全スルーしているではありませんか。ワタクシとしたことがっ。

ま、細かい萌えポイントはきっとみなさんと同じだと思うので、そこはスルーでもいいかな?

シェアハウスは設定が嵐のおウチってことなので、設定に忠実を心がける潤くんの、よりリラックスした姿が見られる点が嬉しいです。

更に潤くんの場合、ゲストさんが気心知れていたり、自分にはあんまり興味のない人物な場合の関わり方が、な~んて表現したらいいんでしょ、いいんですよね。

 

やっぱり相手が若い女優さんだったりすると、間に挟む空間の距離感とか、態度とかが、ファンに余計な気を揉ませない様にワンクッションある気がするんですよね。つまりベタベタしないし、させない。

逆に女優さんにぞんざいに扱われる潤くんってなんか面白いし、そう言う風に扱われている時の一歩踏み込んで話が出来てる潤くんが物凄くいいなぁ~…って。

 

先日のダーツの旅でも思ったことだけど、潤くんは相手が自分にはあまり興味がない時の方が、あまり構えずに「対人間」としてぶつかっていけるんだろうな、って。

どれだったか最近のテレビ誌のひみあらPだかDだかのコメントで、ニノ(だったかな?)と潤くんは相手に失礼にならないギリギリのところでちょっと突っ込んだ質問をできるのがいい、みたいなことが載っていましたが、やはりそれは自分が訊かれて困らないぎりぎりの線を知っているからこそなのかなぁ。

あるいは、もうただ率直に疑問に思ったことをぶつけちゃう場合もあるけどね。好奇心旺盛という名の潤式天然スイッチ入った時。

先日の綾瀬さんの回では「チャンネルが合わない」と言いつつも、割とシリアスな本音を引き出してました。それってほんとにチャンネル噛み合わなかったら出来ないんじゃないかな。

綾瀬さんとは高校生の頃に共演してますし、あまり全面には出さないものの、もしかしたら堀越でホームルームが被ってることもあったのかな?なんて。(綾瀬さんは早生まれなので学年では潤くんの一学年下。綾瀬さんが編入した時期によっては在学期間が被ってるかもしれません。)

なんとなく「知ってる子」的空気が流れていたのは、バラエティで数回共演したからという理由のみではないと思いました。綾瀬さんの仕事への想いが、潤くんが抱いているものと共通する部分があったと気がします。

つか、かつて宿題くんでしょこたん(中川翔子さん)を前にした時の潤くんよりも、現在綾瀬さんを前にした潤くんのほうが普通に馴染んでるっていうか、言ってること理解できてる表情してましたけどね。

シェアハウスのゲストさんって、基本番宣ありきだと思うけれど、これまでの潤くん出演のシェアハウスは番宣がほんとにおまけに思える内容のある番組コンテンツだったなぁ…と思うのは、私が潤担でヲタフィルターフルスロットル稼働中なだけではなく、やはり潤くんのもつ「相手に合わせて変幻する空気」感が面白いからかな。

それはゲストさんだけじゃなくて、一緒にホストをする相棒がニノか、相葉さんか、翔さんかによってもかなり違っていて。(リーダーとも早いとこ見てみたいです。)

テレビ的な演出で面白さが左右されることも当然あるけれど、それとは別の次元で無意識に起こる化学変化を楽しむのもシェアハウスの面白さかなぁ~。

24時間テレビの未来企画と言い、シェアハウスと言い、現在潤くんに大きな個人仕事がないことで逆に美味しい思いが出来てる気がします。(あら、前向き。笑)