読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松本潤担ブログ @ニューヨーク830番地

遠くても。同じ空の下、繋がってるよ、とあなたが言ってくれるから。

いよいよアラフェスグッズ販売開始

アラフェスグッズの先行販売が始まりましたね。

J-Webで今回のグッズは相葉さんが監修したというセールストークを見て、とても気になってました。

で、お写真をネットで拝見させていただいたところ、さすが相葉さん!センスいいね〜!ってな感じです。

ただ私はアラフェスのライブには参戦できませんので、グッズだけ持ってても虚しいだけかな〜…なんて思ったり。

私は割とコレクター肌なので、なんでも持っておきたいと思ってしまうんですが、自分の中で色々と線引きをすることにしました。

グッズに関してはまず一つ一つ頭の中で実際に使っているシーンをイメージしてみます。

その時点で使っているところを想像できなければどんなにカワイイアイテムも諦めること、と決めて。

そうするとね、ポスターはどんなにかっこ良くても買わないの。飾れないもん。

自室に潤くんや嵐さんがいて視線を感じるなんて恥ずかしくて眠れません。着替えられません。(馬鹿)

オフィスは外向けの自分がいるから写真を飾ってによによしてるけど、さすがにオフィスにアイドルアイドルなポスターは飾れないしね。

うちわはライブに参戦しないと使わないよね。私の住んでるとこ基本涼しいんで。(緯度的に青森県と同じ。)

フォルダーは勿体無くて使えないけど、雑誌の切り抜きフォルダに納めて眺めてニヨニヨする用に買ってもいいことにしてます。

アラフォーな自分がキッズラインのミニタオルを一番使うだろうな、って思うとか。笑

Tシャツ、今回のはかわいいよね。でもフルタイムで仕事してるから部屋着としてしか着ないだろうな。部屋着にするにはもったいないよね。

☆ ☆ ☆

実は私、グッズに書かれた英文を読んでちょっとやさぐれてました。

The festival with our big love and thank you.(僕らの大きな愛と感謝をこめたフェス)(意訳です)

アラフェスをライブだけって思うと約14万人しか動員できないんです。

メンバーからそれについては一言もなく、とにかく明るく楽しもう!って意気込みしか聞こえてこない。

全国で見られるJ-Webにグッズの宣伝載せるけど通販はない。

代々木に行くガッツのある人以外は蚊帳の外な訳だ〜ね。

その他のファンには先の約束など一言もない。

ファンに感謝してファンと楽しみたいって、どのファンと?

たった一握りのガッツ(気力、体力、財力、忍耐力、コミュ能力、諸々)のあるファンにだけ愛と感謝を贈るんですか?って。

ついていくヲタ的体力のある人限定なのかもしれないなぁ。

もちろんね、曲リクエスト投票の部分もひっくるめるとファン参加型なのかもしれないし、アラフェスの一部として参加できてることになってるのかもしれない。

だからそんなに被害妄想的にやさぐれなくってもいいんじゃない?って、思い直してみる。

グッズも代行お願いしてみようかな…って考えてみる。

せめてDVD出すからね、って一言約束してくれればいいのに。

まぁ〜、そりゃぁ心配しなくっても出すだろうけどさ。

Jストさん的には嵐の国立ライブDVDを2008、2009、2010、2011、2012、2013って6本並べたいだろうから。

ライブに参加できないこと自体は実はそんなに悲しくないの。もうとっくの昔に昇華済みだから。

でもやっぱり嵐さんがどこ見て突っ走ってるのかが分かんないのが寂しいったらありゃしない!

この置いてきぼり感がねぇ〜。切ないんだよねぇ。

あんまり動員できなくてごめんね、って一言言ってくれよぅ!

その一言で気持ちが救われるんだけどなぁぁぁ。

でもやっぱ言えないのかな。