読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松本潤担ブログ @ニューヨーク830番地

遠くても。同じ空の下、繋がってるよ、とあなたが言ってくれるから。

潤くんって発想が外国人っぽいね

潤くんってお顔の彫りがはっきりしてるから派

手に見られがちだけど、実は和のテイストがとても似合う人。

しやがれ来週の予告でちらっと映ったように和服もサラッと着こなすし、日立CMの米利休で見せた凛とした佇まいも素敵

です。

でも時々凄く洋文化では普通だよってことに憧れを持っていたりするのが面白いなぁ…と思います。

私は独り身になって久しいけれど、曲がりなりにもアメリカ人の夫と結婚し、

アメリカに十数年暮らしている訳ですが、たまに潤くんがやりたいという女性を喜ばせる演出が、大抵うちの亡夫が普通にやっていたことだったりして、おお!発想が外国人っぽい!っ

て思ったりします。

例えばスーパーマーケットで買い物したついでに5ドル位の花束を買って来たりする。

別に記念日でも何でもなく、目について綺麗だったから。ただそれだけの理由

で。

例えば路チュウしたいとか。

プレゼントをイースターのエッグハント式にしたいとか。

料理してくれるとか。

まぁうちのも案外ロマンチストでしたからフェミニストな文化習慣あっても上乗

せでかなりのお姫様扱いをして貰っていたわけですが(別にのろけではないです。今更のろけてもね…)こういうのを思いついてやりたいって思うんですよ、松本潤という人は。

なんて可

愛らしい人なんでしょう!

洋画が好きで沢山観ている潤くんだし、少女漫画も普通に読めて共感も出来る豊かな感受性の持ち主は、憧れの対象が外国風なのかもな~と思いま

す。

奥さんとは一緒に出かけたいと思うとか。(アメリカは夫婦が単位。例えば夫のクラス会に妻同伴で出席します。)

ま、これは親友のご両親の在り方の影響が強いかな、と思いま

すが。

だがしかし。

全女子が理想とするような痒い所に手が届く発想をするのに、いざ実行となると恥ずかしくって躊躇してしまう可愛らしさ。

たまりませんね。

可愛らしさ半端じゃない

急にシャイで朴訥とした日本男児になっちゃうって。たはぁーーー!

にっこにこして「花を贈りたい云々」って構想を言われた瞬間は凍りつきましたけどね、正直。

あ、家に居るん

だ…、って。涙。

そんなの無邪気にぽろっと言っちゃうの?この天然小悪魔は!って。

翔さんのは逆に御礼とかお見舞いとか臭の方が強かったけど、潤くんのその買い出し後家に帰る

って設定はさ~…。

戦慄が走るべ…。

でもよくよく考えてみたら、「なんで花買って来た??」って訊くような相手ってことはオカンか友のオカンかロマンチックな関係ではない友でしょう、

という結論に達し勝手にホッと一安心。苦笑

そもそも潤くんに花を渡されて「何で?」なんて無粋なことを言うようなオナゴは私が彼女とも嫁とも認めません~! (何様w)

でもいい

よね~。

なーんでもない日に綺麗な花を見て買って帰ってあげたいって潤くんに思って貰えるなんて。羨ましい。

でもホント瞬間凍りついたし、しばらくどよーんと落ち込んでいたからま

だまだあと10年位は勘弁して…。

それまでに何とか免疫つけていかねば。

潤くんのプラべを考えていちいち凹んでちゃダメだよね~…。

潤くんはとっとと花買って「何で?」って一回言わ

れとけばいいんじゃない?

でも潤くんが思う程「何で?」とは言われないんじゃないかな。

そんなに親しい間柄なら潤くんは花を買って来ても不思議ではない子だって普通に思うんじ

ゃないのかな。

そういう柔軟性があって潤くんをまるっと受け止めてくれる人たちに潤くんは囲まれてると思いたいです。

(分かってまーす、ただの過保護です。笑)