読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松本潤担ブログ @ニューヨーク830番地

遠くても。同じ空の下、繋がってるよ、とあなたが言ってくれるから。

嫌われ芝居、今度は好感度11で二冠。

嫌われ芝居なのに可愛すぎでしょう!!!

9月13日放送の嵐にしやがれ。

悪役芝居で嫌われ嵐を決める第2弾。

今回は手塚とおるさんを招いての「ひねくれ役」。

いやぁ〜、面白かったです!!!

メンバー一人ひとりの個性がよく出てて、本当に面白かった。 特に相葉くん、もう大好き!!!あんなにお腹よじれるほど笑ったのは久しぶりでした。

こけしプレイがもう秀逸過ぎた!!!あー、ほんとにミラクル。ひねくれ上司を演じて好感度を下げるというお芝居としての出来は良くなかっただろうけど、見ている人の感情を動かすという目的のバラエティとしては大成功だったと思います。

おおちゃんはいつもキャラを一個余分に乗せちゃうからどうしても面白い人になっちゃうのよね。面倒くさい人かもしれないけど、好感度は下がらなかったですね〜。彼はバラエティの場でシリアスにやるのが恥ずかしいのかな?とも思うし、即興は苦手なのかもなぁ。

私的には翔さんの演ったみたいな人が上司だったら嫌かな、ってちょっと思いました。あの4人から強いて1人選ぶならね。手柄は自分、失敗は部下のせいにする上司なんて絶対イヤだもん。やっぱり家族ゲーム演ってからダークな表現力に磨きがかかったんじゃないでしょうか。

潤くんのお芝居に特化して言うと、パッと見、良くまとまってるし即興にしては演技の細かいところまで行き届いている感じがあって、さすが経験と実績を重ねてきているな、と言う感じでそれなりに上手なんだけど、

可愛すぎるでしょう!!!

あの短時間の即興でキャラクターを作って大まかな起承転結を考える能力はさすがだな、と思いますが、

ひねくれ加減がただの駄々っ子だよね、っていう。笑

ニノちゃん部下が反撃の手札を持っているという設定だったのもあって、嫌味な上司に徹して好感度を下げるのはちょっと難しかったかもしれませんね。

でも全体的によくまとまっていて良かったと思います。やっぱり瞬発力ついてるなぁ〜。

赤い幕が上がった時に既にキャラクターが出来ていて、辺りをゆっくり見回して

「チッ!」

舌打ち!芸が細かい。人が選んだ店に対して舌打ちとは、嫌なヤツ〜。

でも髪型が中途半端にダンディーで、むしろイケメてるっていう。ダメじゃん、イケめちゃ。笑

そして喋り方がかわいい。舌っ足らずなのか、なんなのか。

「んまぁ、まぁ、いいや」(←いいなら文句言うなよ。笑)

でもって、お扇子で企画書トントンする手が美しいんですけど!!!そんなに美しかったら嫌味度が半減しちゃう。もっとトントンして〜!的な。わはは。

へらへら笑ってるニノちゃん部下には嫌味言ってても何故か口当たりが柔らかいのね〜。

ソフトにひねくれてるってことかしら。

「お前の好きにはさせないよ。俺が上にいるんだもん。」

もん?

いるんだもん?

……かわいこちゃんか!

これを受けるニノちゃん部下が、口ではすいませんって言うものの終始飄々としてて、やっぱりぜんぜん響いてないの。

ニノちゃん部下は一番敵に回しちゃいけないタイプの正義のヒーロー役だから。笑

ちゃんと反撃の手札持ってるの、隠してるんだもんね。さすがだねっ。

もう、ニノちゃん部下の反撃始まってからの潤くん部長の顔芸(ではない。笑)が秀逸で。

ゆーっくりと視線を動かして、動揺を表現。

ついでにバレバレな嘘もついてみる。

せっかく嘘ついたのに写真消せとか言って、肯定しちゃってるし。

シリアス松本だったはずなのに、ただのコメディじゃん。爆!!!

携帯を渡させて、自分で写真削除した時のドヤ顔。

からの、ニノちゃん部下が「みんな持ってる」って聞いた時の、フリーズ顔。

「だ れ が ?」

って言い方も表情もツボ過ぎる!!!

その後のセリフが後からリピってみるとちょっと辻褄合わないっていうか、もっと適切なセリフあったんじゃないかなーと思うけど、まあそれは即興だからおおめに見るとして(って超上から目線だけど)手塚さんに教えられたとおり、フリーズしてから退避して反撃する一連の流れがほんとにコミカルで面白すぎました。

「こいつは敵に回しちゃヤバい奴だ」ということを素早く察知したかのように、突然にこやかに「明日もよろしく頼むなっ♡」と愛嬌振りまく小者感を醸し出して幕締めっていうのが最高。

潤くん相手だと、ニノちゃんも設定をさらに盛って、切り札をキスの現場写真(多分不倫)にしたり、写真消しても同期がみんなコピー持ってると追い打ちかけたり、なんだか楽しそうでしたね。

なんだかんだ、美しいし可愛らしいし、前回に比べたらあんまり好感度下がらなかった(当社比)のは、一重に反撃されて情けなく逃げを打つ結末のせいだったと思います。

つかキス現場の写真撮られるって、どんだけ脇が甘いんだwww

同期の総力を結集して嵌めたのか?だとしたらなんて憐れな松本部長…。笑

あれは甘やかされて育った御曹司が若くして部長に昇格したパターン。取引先の重役の娘と結婚はしたけど、自分の会社の若い子にもちゃっかり手を出しちゃってるって感じでしょうかねぇ〜。んふふふふ。背景が見えるわ。

潤くんはシリアスも上手だけど、コメディも楽しいと思う。うん。

次は是非潤くんがやられ役でお願いしたいです!

MCMJの自由さについてはまた後日。