読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松本潤担ブログ @ニューヨーク830番地

遠くても。同じ空の下、繋がってるよ、とあなたが言ってくれるから。

潤くんのお芝居が観たいな〜

全国の潤担さま〜、生きてますか〜?笑

潤くんのお芝居、観たいですよね。

ただ、私、先日のエントリで、主題歌提供のドラマにゲスト出演してほしい、と書きましたが、だんだん、いや、そこじゃないな…と感じるようになりました。

(潤くんがどおおおおしてもそこに出たい!って言うなら応援しますケド......。)

さて。

目に見える個人仕事(特に映画やドラマ)が無い時期になると、よく「潤くんは自分の個人仕事を犠牲にして嵐のライブの為に働いている」って言われ方するのを見聞きします。

でも、それってどうかな?

潤くんがグループのライブの演出に心血注いでるのは、自分がそうしたいからでしょう?

多分、事務所は個人仕事のオファーだって持ってきてると思うんですよね。

それを、一度にたくさんのことをやってどちらも中途半端になる気がして嫌だから、とグループを優先させているのは、他でもない潤くん本人の決断だと思うんですね。

けっして自分を犠牲にはしてないと思えるのは、ライブの潤くんがあんなにも輝いているから。

自分が好きで、やりたくてやっているんだと思うんだけどな。

だから「犠牲」って言葉は違うと思うのです。

潤くんが大事にしているものを邪険にするような言葉です。

もちろん、もっと表舞台での個人での活躍を見たい!という声もわかるんです。

それはもう、めちゃくちゃ、分かる。

私は潤くんのお芝居が観たいので、両方サクッと器用にこなしてくれたらいいのになぁ、なんてことも正直思ったりします。

ただ、そういうのが出来ない、不器用なところがあるからこそ、松本潤という人間を愛でずに入られないのかなぁ、とも思うのです。

なので、ここは長い目で(ジリジリしながらも)待つしかないのです。

ただし、人間ができていない私は、ただおとなしくだまって待ち続けるということはできません。笑

ということで、これからも私の願望は気兼ねなく垂れ流して行きたいと思います。

潤くんには「潤くんのお芝居も求められているんだ」という事を忘れてもらっては困るので、スタッフさんがタレント名で検索して私の願望に引っ掛かった際にはちょろっとリマインドして頂けるとありがたいです。

まちがって本人が見ちゃったら、ま、そういうことだから!よろしくです!笑