読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松本潤担ブログ @ニューヨーク830番地

遠くても。同じ空の下、繋がってるよ、とあなたが言ってくれるから。

THIS IS MJ☆ KK vs MJ

2016年第1回目のレギュラー放送回にして第1回目のTHIS IS MJは、事務所の後輩であるKAT-TUNの亀梨和也くんを対決という形でゲストに迎えての三本勝負。

亀梨くんは以前ゲストで出演した際、潤くんとコラボしたいと言ってくれていたので、それが叶ったことになりますね。

ちなみに事務所の他の後輩たちも潤くんと共演したいと言ってくれていることを雑誌の記事で読みました。やまぴーは俳優で共演したい人として挙げてくれているし、佐藤勝利くんは共演とともにライブの演出を側で勉強させて貰いたいなんて言ってくれてます。嬉しいですね。出来ればそれはそれとして、THIS IS MJで手っ取り早く共演して終了、なんてことにならないように!!

閑話休題。

一番初めの殺陣対決。

シュッとした出で立ちの亀梨くんに対して、なんとなくもっさりした潤くん。

いや、カッコいいんですよ?着物の色味も素敵だし和装がお似合いなことに間違いはないんですが、なんでしょう…。

放送後に着付けに明るい姉が

「なんで松潤くんだけあんな間違った着付けされてたの?」

と。

やっぱり着付けが変だったんですね~。

前の紐の処理が間違ってるし帯も出過ぎ。袴の裾も斜めに下がってるし後ろの帯も丸見えになっちゃって、あんなんじゃ動きにくかったでしょうに、ですって。

変な着付けだからちょっと動いただけでボロボロになっちゃって。

私も上手な方にキチンと着付けて貰った時の動きやすさと崩れなさと、そうでない方にしてもらった時の窮屈さと崩れやすさを経験したことがあるので、間違った着付けの及ぼす可動域の違いは理解できます。

潤くんの殺陣は、どちらかというと「いっちにーさんハイ」的なスピード感でしたよね。

それでもひとつひとつの振り(殺陣は振付って言うそうです)を、きれいなポーズでこなして行っていたので、すごいと思いました。後ろ回し斬りとか、腕がちゃんとぐるーっとキレイに弧を描いてたり。

潤くんはダンスの時も、腰を落とす時はグッと落とすし、足をバッと開く時は思い切り開くし、ひとつひとつの振りを振付師が意図した形に多分すごく忠実なところできちっとやる印象があって、殺陣であっても振付である限り、その振付に忠実にやろうとするところは変わらないんですね。

まあ基本お顔ばっかりに視線が吸い取られていくもので、着物の着付けがどうとかはあまり気にならなかったんですが(だってめちゃくちゃ美しいんですもの)、もしもっとちゃんと着付けて貰っていたら、もっとシュッとして佇まいがあれ以上に良いビジュアルで、かつ動きのスピードも増して数倍カッコよかったかと思うと、まぁもったいなかったな~と言う気はします。

が、いや、もう、あれで十分素敵だったわ~とも思うんですよね。易いファンだ。笑

オムライス対決は、潤くんの素直さと生真面目さが出ちゃいましたね。

潤くんは「トントンする」って言葉に囚われて、忠実にトントンしてみたわけですが、あれって実はトントンがポイントじゃないですよね。

手首の返し、って言ってもらえたら、炒飯の時に修得した技があるわけですから、絶対的に出来たと思うんですよね。うん、もう一言あればなぁ~。

で、潤くん曰く、もうオムライスは卒業らしいですが、潤くんのことだから暇を見つけて家で自主練しているんじゃないかな。リベンジ機会があったら、その時は華麗にオムライス作れるようになっていることでしょう。

最終対決はデフォルメ似顔絵。

光浦さんの悪意のデフォルメについてのコメントを聞いたからか、先生の教えであるデフォルメをすること自体をぶっ飛ばして独自の手法で似顔絵を描き上げた潤くん。潤くんのそういう感受性が豊かで共感力の高いところが素敵だなぁと思います。決して上手な絵ではないけれど、相手を傷つけないように心を込めて描いてました。

でもニノちゃんは褒めてくれてたけどね。最近絵が上手いんですよ、って。奈良美智さんにも以前絵を褒められたしね!

箸休めコーナー。

あのコーナーやることって、基本ふつうやらないコトですよね?箸休めの面白画像だもんね?

嵐さん的には好評で「覚えたい」とまで言わしめたネクタイの結び方、うちのお義兄さん的には「あんなのやんねーよ」だそうですが、箸休めコーナーですからね。みなさん、真似しないでいいですよ~。笑

ただ、不器用な潤くんのことだから、あれきっと何回も練習した上で何回か撮り直してると思うので、それを理解しているメンバーだからこその高評価だった気がします。要するに末っ子にとことん甘い兄ズが微笑ましいんです。笑

THIS IS MJコーナーって、とにかくワイプのコメントが活発で、そういうところも楽しみのひとつだったりします。

なんかみんなでめちゃくちゃ褒めてくれるし、いっぱいツッコミ入れてくれるし、励ましてくれるし。ほんと、楽しい!!!

今回、対決した亀梨くんですが、彼はグループのトップとして期待とプレッシャーを一手に引き受けて堂々とキメてるイメージがあったのですが、なかなかどうして、肝心なところで噛んだり、案外お茶目で可愛らしい一面があるんですね。なんかギャップというか、なんとなく潤くんに通じる匂いを嗅ぎ取りましたよ?

今回は亀梨くんファンの方がたくさん観てくれたようで、視聴率が久々に高かったとのこと(15.1%)。

たくさんの方にあのTHIS IS MJを観ていただけて嬉しいです。

で、今回の対決は亀梨くんの勝利だったんだけど、THIS IS KKになっちゃうんですか?…それは困る。

そもそも、何か違うもの掛けた勝負にしないとコーナーの存続が危ういと思います。

だって潤くんってやれば出来る子だけど、すぐに出来る子じゃないからね?

時間のない中、練習せずに一発勝負の方が面白いってやってたら、結構な確率で負けちゃう気がするんですよ。(そこ潤くんにFaith持てないファンでゴメン。)

なので、負けたらゲストさんの現場に何か差し入れとかの罰ゲーム式にしたらいいと思います。はい。

もうしばらくはTHIS IS MJ楽しませていただきたいのです。

って感想を書いたんですが、レコたんに何事かあって、DRでダブ録設定しておいたのがまーったく録画出来てなかったんです。涙

志村動物園以降に何かが起こったらしく。

よりにもよって、なぜ!嵐にしやがれが!!録れてないのおおおおおおおおヽ(;▽;)ノ

THIS IS MJだけでもいいから再放送してくれないかなぁ…。

ああでもジュレームの30秒も流れたんだよなあ…。涙目。

。・°°・(>_<)・°°・。