読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松本潤担ブログ @ニューヨーク830番地

遠くても。同じ空の下、繋がってるよ、とあなたが言ってくれるから。

嵐 第49枚目シングルはI seek / Daylight

うん、予想通りでしたねー。

「99.9」の主題歌発表についてはフライング的アクシデントが2回*1 もありましたが、その分あまりやきもきしないで済んだので、結果オーライという感じでしょうか。

それよりも、タイトルですよ。

 I seek Daylight

二つの異なる局のそれぞれの4月クールドラマの主題歌ということで、両A面3形態での発売。5月18日(水)。予約開始は3/26(金)昼頃(こちらの25日(木)夜11時頃)

TBS公式サイトがなぜか自局のドラマの主題歌よりも先に「I seek」を説明もなしに挙げたので、最初ちょっと違和感がありましたが、(大人の事情で書けなかったんでしょうね。)その後どの媒体を見ても同じ順番で並べられているタイトルを見て、改めてタイトルを読み直したら、なるほど!閃きました。

I seek daylight. --- 光を求めて

二つの曲を並べると、ちゃんと文章になっているんですね。Seekは探し求める、Daylightは日中の陽の光。

「I seek」はおーのさんのラブコメで、運命の恋人を探し求める I seek my sweet heart. (I seek my true loveでもいいかな)

「Daylight」は潤くんの弁護士法廷エンターテインメント(って言ってましたっけ?)で、真実を白日の下にさらす、Bring a fact into the dayllght.

それらが一つになって嵐のシングルとして発表される際にはI seek daylight、転じてWe seek daylight。僕ら(嵐さん)が光を求めて進んでいるような、真剣だけど明るくて前向きなイメージが涌いてきました。

前回の両A面は、Calling/BreathlessとBreathless/Callingのように、MVが付いているほうのタイトルを前に持ってくる様式で順番がひっくり返してあったような気がしますが、今回はちゃんと意味があるからDaylightのMV付きの方をDaylight/I seekとはあえてしないんでしょうね。

シングルのタイトル一つ、並び方に趣向を凝らしただけで、こんな深読みで楽しめるなるなんて、素敵じゃないか♪



 

*1:一度目はポスター解禁直後に一般人が撮った写真に主題歌情報が写り込んでいた、というかテープを貼って隠す前の一瞬の隙に撮られちゃったので不可抗力。二回目は主題歌情報解禁の日付が変わる一時間くらい前に公式ドラマサイトの記事が公開されてしまった。たぶん単なる設定ミスか手が滑ったか。故意でも確信犯でも陰謀でもないと思われます。笑