読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松本潤担ブログ @ニューヨーク830番地

遠くても。同じ空の下、繋がってるよ、とあなたが言ってくれるから。

陽だまりの彼女、原作読破しました♪

ただいま!

長らく放置状態になっていましたが、昨夜アメリカの自宅に戻って参りました。しばらくは時差ボケとの戦いですが、ブログを更新する時間は日本滞在中よりは取れると思います。

色々と書いておきたいことがあるのですが、ポプコンのことはネタバレ満載だからオーラスが終わるまで保留かも。

ってな訳で、まずは機中で読んだ「陽だまりの彼女」の感想をば。かなり核心には触れずに書いたけど、ちょっとネタバレかもしれないので続きますね。

その前に!

皆さま、明けましておめでとうございます。
昨年は沢山の方に来訪頂き、また沢山のコメントや、有難いお申し出も頂きありがとうございました。

ブログを通して新しい出会いもあり、海外で独りひっそりと(?これだけおおっぴらにダダ漏れといて何を言うかw)潤くん&嵐を応援しているのに孤独感を感じることが少なくなってブログをやっていてよかったなぁと思います。

何名かの嵐友さん(と呼ばせて頂きます)とは実際にお会いすることが出来て嬉しかったです♪

今回の滞在中残念ながら会えなかった方、またの機会があるといいなと思っております。

次は嵐会開催しちゃおうかな?なんて調子に乗ったことを考えたりしちゃいました。色々な方のご好意に甘えっぱなしの私ですが、今後ともよろしくお付き合い願えたら幸いです。

いいですねぇ!

私、好きです、こういうの。えっ、そう来る?って。
で、振り返ると伏線がたくさん張ってあったんだなぁ~って。

でもこれ、ちゃんと「ファンタジー」を全面に押し出して宣伝しておかないと、映画館でポップコーンの空容器投げ付けたくなっちゃう人もいるかもね。

まだ一回しか読んでいないけれど、読みながら私の脳内では既に樹里ちゃんと潤くんが動き回っていました。配役でキャラクターの動きがイメージしやすいというのは、私的には良い予感なのです。

例えば樹里ちゃんの仕草とか、ピッタリじゃないかなぁ~。

あと潤くんと絡んでる様子も良い感じで浮かんできました。とってもステキです。

ただ、私は樹里ちゃん、潤くんでイメージしやすいけれど、実際演じるとなると簡単ではないとも思います。

細やかな心理描写を表情に出すことが多いんですね。

もちろん細やかな感情の揺らぎを瞳で演じることは潤くんの真骨頂だと個人的には思っているので心配はしていません。様々な経験を重ねてきた潤くんになら出来るでしょうし、これまで通り、私たちの期待の更に斜め上を行く浩介を披露してくれると信じています。

一度読んだだけで色々なシーンの情景が目に浮かぶ位なので、何度も読み込んだらもっと細かい部分も見えて来そうな予感でワクワクします。

脚本はどんな風になるのかな~と、とっても楽しみ。ドキドキワクワク。

それにこの原作ってば!
んもう、やることなすこと可愛いっていうか、萌~!っていうか!!
潤くんが浩介として、あんな顔や、こんな仕草をしてくれるって?!

むふふ。
おほほ。
うはうは。
きゃ~!
ぎゃぁぁぁ~!!!

あっ、ダメだ。今私の顔、超絶緩んで変態チックになってる!!!

てなわけで、ほんわりと「陽だまりの彼女」のことを考えつつ時差ボケの眠気と戦う午後を過ごした新年初出勤でした。年の初めから、こんな楽しみを貰えて、ホントに松本さまさまですわ。笑