読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松本潤担ブログ @ニューヨーク830番地

遠くても。同じ空の下、繋がってるよ、とあなたが言ってくれるから。

最近流行りの貶し愛?

ファンには色々なタイプの人がいて、その応援の仕方も熱量も愛で方も人それぞれ。
私も勝手に身内かマネージャーか?ってことを言ったりしますが、その中で最近特に気をつけるようにしていることがあります。

それは、勝手に自分を高みに立たせて貶めることはしない、ということ。

盲目溺愛でただ褒めていればいいとも思いませんが、かといって必要以上に相手を下げる必要はどこにもないと思うからです。

ましては相手は自分の愛情の対象です。

(上から目線のコメントも散々してるのにどの口がそういうことを言うか!と思われるかもしれませんけれど。)

辛口のことを言うのは愛ゆえの厳しさだと言われるかもしれません。
でも批評家気取りで悪いところばかりを指摘する中に愛情は感じられませんよね。
特に文章では筆者の意図したとおりのニュアンスを伝えるのは物凄く難しいです。
ひとつ間違うとアンチなのか?と疑われることになりかねません。(実際そういうコメントを以前頂いたことがあります。)

ファンである私はすでに潤くんのお仕事を客観視することが出来なくなっていると認識しており、出来るだけ客観的に観る努力はしていますが愛ゆえに難しいです。

それでも潤くんの芝居を語る時は極力冷静な目で批評(批判ではなく)が出来るように心掛けています。

ただ、必要以上に厳しく見ようとして逆に公正さを欠いたり、見えるべきものが見えなくなったりするのは怖いことだと思うのです。

潤くんが私たちを楽しませようと色々な役に挑戦しているのですから、私たちも最大限にそれを楽しんで受け取る努力って必要なんじゃないかな。

そして、いいものはいい、と公明正大に言えるように、観る側の者としても切磋琢磨していかねばと考えています。