読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松本潤担ブログ @ニューヨーク830番地

遠くても。同じ空の下、繋がってるよ、とあなたが言ってくれるから。

潤くんったら、タッちゃんに憧れてたの?

しやがれ、観ました~。

潤くんってほんっと素直でかわいいなぁぁぁぁぁ。

「たっちゃん、出来るかな?」

「ずっと観てた」

って。

野球少年だった潤くん。

タッチは好きだったでしょうね。

潤くんのことだから、素直に世の男が辿る道を辿ったことでしょう。

要するに、南ちゃんのこと好きだったに違いない。( ̄▽ ̄)ぬはははは、

可愛いやつじゃ。

それを素直に選んじゃってあんなにも聞いてて照れるセリフをやることになるとはね。

でも恥ずかしがる素振りも見せず嬉々としてやっていたのはさすが松本潤。あっぱれ。

ワタクシは修行が足りないようで、つい照れて顔を手で覆ってしまったわい。(指の隙間から見てましたけど。爆)

んで噛んじゃうとことか、潤くんの人間味のある部分が垣間見れてほんっと好き。

で、なんだか妙にハマってたとか。どんだけ好青年なの~。

やっぱり声にはそういうのが出ちゃうんだね。

潤くんの声は優しさに溢れてるからね。

はぁぁぁ、好き好き。でれでれ。