読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松本潤担ブログ @ニューヨーク830番地

遠くても。同じ空の下、繋がってるよ、とあなたが言ってくれるから。

WSのバカップル 浩介&真緒

ひ~!

皆さん、昨日の朝のWSをご覧になりましたか?

陽だまりの彼女クランクアップ&メイキング映像で浩介&真緒のツーショットが初めて公になりました。

あー、思った通り。二人の雰囲気が素晴らしい。

もう潤くんは浩介でしかないし、樹里さんは真緒でしかないといった風情じゃないですか!

そして二人の距離の近さってば、もうもうもう!

二人共役に入り込んで成り切っちゃうタイプの役者だと思うから、カットがかかっても繋いだ手が離れないとか、そうだよね、そうなるよね(*´艸`*)

そして樹里さんからの御言葉がとてもとても嬉しい物で松本潤ファンとして感激しまいした。

松本潤&上野樹里、初共演作がクランクアップ「また共演したい」オリスタニュース

【オリスタニュースから引用】

松本に対しては「素敵な所もたくさん見えました。松本さんとは何かが合う、似ているところがあるのかなと感じました。人間として素晴らしいし、またどんな役でもいいから共演したいと思いました」(上野樹里さん)

【引用終わり】

 


実はWSを見るよりも前にまずオンラインの記事を読んだのですが、樹里さんのコメントを読んで、私、泣きました。嬉し泣きです。職場だというのに、しかも数十分後にはワークショップの講師をやらねばならなかったというのに、ボロ泣きですよ。(ええ、バカですよ。溺愛だもん。)

あああ~、分かってもらえた…、という安堵感と共演者である女優さんにそんなにストレートに再共演を望んで貰えたことへの誇らしさと。

ラッキーセブンの時の松嶋菜々子さん然り、瑛太くん然り、一度共演した後に「松本潤ともう一度一緒に演りたい」と言って貰えるのって役者としての松本潤が大好きな一ファンとしてはとても嬉しいことです。

なぜかって、役者同士ってドラマにせよ映画にせよ、作品がヒットするか否かのリスクを共有するという点では同じ船に乗った運命共同体みたいなものじゃないですか。

「駄作」と言われる物には誰も出たくないと思うし、役者だったら感性の良い人と共演したいでしょう?

当然大根役者となんて一緒に演りたくないと思う訳です。

松本潤の芝居は、表面的な分かりやすいトコしか見えない人にはちょっと分かり辛い種類の上手さと絶対的な存在感と人の心を打つ煌めきがありますが、そのせいで演技下手とかいうネガキャン張られたりすることがあり、これまで幾度も心を痛めて来ました。

ま、人の感性は色々ですからね。仕方のないことなんだけれども。

潤くんはこれまでに制作側からは一緒にやりたいと言った言葉を貰っているし、実際に再タッグを組むことも一度や二度のことではないけれど。制作には色々な大人の事情が絡むというのも事実。つまり役者の能力如何に係わらずキャスティングはされる。

だから共演者に請われるっていうのは素晴らしく誇らしいことだと思うのです。

役者としての感性を役者さんに認めて貰えたということですから。

命運を預けるパートナーに選んでもらえたということですから。

そしてそんなストレートな告白を聞いて、すっごい照れてる潤くんにツボりました。

照れ隠しに目のトコ掻いたり(いや花粉症で痒かったのもあるんでしょうけどね~)頬が思わず緩むのを堪えたり。

ああ、なんて素直なリアクションなんでしょう!すっごい嬉しかったんだよね?うんうん。

だれ?松本潤を俺様なんて言うのは。こんなゆるぽわでシャイな俺様いないでしょ!

樹里さんはまだ真緒が抜けきっていなかった故の潤デレモードだったのか、或いはもともと素直に思ったことを口にする方なのか。どちらにせよ、けっしておべっかを使った訳じゃない、本心からの言葉だと捉えました。(前向きに!笑)

樹里さんへの好感度、もともと良かったけどこれで無茶苦茶アップしましたから!


さてさて。

一連のWSのメイキング映像の中で一番好きだったのが駅で背中合わせのシーン。あの目線とか、お互いに振り向いたり顔を背けたり口をハムっとしたり。タイミングも絶妙だし、触れ合った肩と背中と後頭部との距離感もキュン死ど真ん中。

二人の表情が本当にかわいすぎる!

あと江ノ島の桟橋で手を引っ張り引っ張られがホントに微笑ましい。バカップルここにあり!って感じ(褒めてます。めっちゃ褒めてます!)

あとショッピングカートでうぇーい!とか。笑 やっぱりバカップル(さらに褒めてます!)

こんな感じで、たかだか数十秒の映像でここまで萌えさせてくれる二人の世界にテンション上がりっぱなしです。

それにしても潤くんって本当に「本当に恋しちゃってるんじゃないかしら」って思わせるのが上手。

暖かい愛で包み込んでくれるから。さすが愛を伝えるためにやって来た宇宙人。

その愛は素直でストレートで。(まるで樹里さんの言葉(↑)のようじゃないですか。)たった数十秒でここまでの愛を放つんですから、本編に至っては凄まじくほとばしる程でしょうね。

実はワタクシ、6日の朝(日本時間)までは前日のクランクアップを見守る「祭りの後」的廃退的な気分を味わっていました。もう演技をしている潤くんはいないんだなぁ…。私は芝居ゴトをやっている松本潤がとにかく大好きなんだなぁ…と。

映画の公開時には多分観られないだろう私にしてみれば、陽だまりの彼女に関してはまだ観てもいないのにクランクアップでもう終わった仕事かのように、なんとなく自己完結していたんですが。

大うつけ者!!とあの時の自分を叱り飛ばしたい。だってもう、一気に再燃しましたから!!!!

てなわけでテンション上がりっぱなしです。

お陰でまだ今週のラストホープ観れてません。(相葉さんゴメン!)

加えて19日にはCUTで初出しグラビア、23日にはSODA、そして28日にはMORE 5月号にも松本潤&上野樹里とな。お楽しみはこうやってじわじわと続くんですね。

ほんとにほんとに、松本潤のファンで居てよかったです。

毎日生きてて楽しくて幸せだよ~ヽ(^。^)ノ