松本潤担ブログ @ニューヨーク830番地

遠くても。同じ空の下、繋がってるよ、とあなたが言ってくれるから。

休止後も「そこ」にいてくれますか?

お願いだから、出役でいて。

それが私が松本潤くんに望むことです。*1

これまで嵐のライブやワクワク学校などの演出に深く関わって裏方業にとてつもない時間を投じたのは、それが嵐、つまり自分自身にかかわることだったからだと思っています。

自分たち自身のことは自分らがよく分かっている。だから自分たちをどう見せるか、自分たちのファンをどう楽しませるかは人任せにせずに自分たち自身が決めていきたい、という思いが根底にあってのことだと思っています。もちろん、それをしていく中で、極めていくことや、新しいものを創造していくこと自体を楽しむようにもなっていたんだと思うし、だからこそ、ファンの側はたくさんの悔し涙を流したり愚痴を飲み込んだりしてきました。

 

だから、嵐の活動休止後は、どんなに請われようとも、他グループのプロデュースや演出業に時間を費やしてほしくはない、と強く思います。もちろんそこに潤くん自身も出演するというのなら話は別ですが。*2

 

あくまでも休止後個人活動続行予定メンバー中、他の三人さんは冠レギュラー持ってるけど、唯一それがない潤くんのファン目線の話です。

自分の中では、潤くんは表現することが好きな人だから、俳優業は続けるに違いないし、CMにも採用されるだろう、大丈夫、という思いと、「表現すること」を大枠と捉えて他者のプロデュース業に没頭してしまったらどうしよう、という考えが浮かんでは消え、消えては浮かび、を繰り返しています。潤くんの前向きな「新しいことにチャレンジする機会」という言葉がぐるぐると渦を巻いて離れません。

 

嵐が活動休止になることに不随して私を不安にさせる一因。

お願いだから、表に出る人でいて欲しい。

裏に引っ込まないで欲しい。

全力でお願いします。

 

 

 

*1:嵐の活動休止は一応飲み込んだ、という体で。

*2:要するにジャニーズアイランドのゲストコーナーに出演した時のような感じですね。ああいうのがサプライズではなく、松本潤のファンにも予め告知されて観る機会を均等に与えられての場合のならありっちゃありかな…。

オトノハ読んだ

私がブログを書いたその日の内に翔さんのオトノハが更新されました。別にタイミングを計ったわけではないんですが、なんだかお返事をもらったような気分になりました。

 

記者会見、Zero、Enjoy、Mステ*1、マナブ、ニノラジオ。メンバーそれぞれがすでに前を向いて猛スピードで突き進んでいるように感じていました。今年が亥年だから猪突猛進モードなの?ちょっと待って、あなた達早過ぎ、って思ってました。

 

ゆっくりでいい。

なんなら遠くから眺めているだけでもいい。

とは言いつつ。

 

でもあなた方は駆け抜けて行くんですね。

 

あんまりぼやぼやしてるとあっという間に2年なんて過ぎちゃうし、すでにまとめに入ってるスポンサーさんもいるし*2、やっぱり片目をつぶって平常営業風にしてたらいいのかなぁ…。

 

ところでマンザナーの日系人収容キャンプの写真を見て自分の学士の卒業論文と修士でやった研究論文で当時について書かれた資料をいろいろ漁ったこと思い出しました。でも一度も博物館には足を運んでいないのでいつか行ってみたいです。日系人の皆さんの苦労あっての現在の我が暮らしだと思っています。

翔さんがジャーナリズムに関わる限り、翔さんとの繋がりは途切れない予感がしました。

 

 

*1:まだ観てないけど

*2:いや、ありがたいですよ?休止を惜しんでくれてるんですよね。でもまだ2年弱あるんですけど…苦笑

いま、ここ。

最後にエントリーしてから実に2年弱が経過していました。みなさん、いかがお過ごしでしょうか。私はまぁそれなりに頑張っています。

長らく放置していたブログに今更何をしに来たのか、といいますと、お察しの通り、1月27日の嵐無期限活動休止宣言を受けて、いろいろと思うところをここに書き残しておきたいと思ったからです。

今の思いが、時を経てどう変わるのか。

 

結論から先に言うと、嵐が約二年後に無期限で活動中止するのは決定事項なので、嫌でも受け入れるしかないと思っています。5人と彼らを支えるスタッフがたどり着いた結論だから、そこにもう文句は言わないでおこうと思います。*1

ただ、これから休止開始のXデーまで、どういうスタンスで臨めばいいのか、まだちょっとよく分かりません。

きっかけとなったメンバーを見ると、ああ、この人は今オレ辞めてぇって思いながらそこにいるんだな、って思ってしまって辛いし、歌声を聞いても、これ歌ってる頃も辞めてぇって思ってたんだなぁ、って応援歌みたいなメッセージの曲を聞いてるのにしゅんとしてしまう。こんな状態で、あと2年弱も続けるのって彼にとってどんな苦行なのかと思ってしまってあまり楽しく前向きになれないのが正直なところです。

でもそれをするのが嵐としての誠意だと嵐のスポークスマン翔さんが言うので、その誠意を我々は受け止めなければいけないのだろうと思います。が、頑張ろう。おー。

 

私は松本潤くんのお芝居を見て彼を好きになり、その流れで嵐を知り、松本潤くんの所属するグループとして嵐を応援してきました。嵐という場所がソロで活動している潤くんとは違う松本潤くんの魅力をたくさん見せる機会を与えてくれることがありがたかったし、潤くんとメンバーそれぞれの関わり方や彼らの人となりも併せてグループが好きです。

 

潤くんが大事にしている嵐のお仕事、とくにライブ演出に関して、あまりに時間を割きすぎて個人としてのお仕事が控え気味になることは、芝居落ちの潤担としては苦々しく思う気持ちも正直ありました。個人仕事を充実させているメンバーらを脇目に、自担が裏方に潜伏してしまう辛く淋しい日々を過ごしたとしても、ライブでの達成感&充実感満載の潤くんのあの笑顔を見てしまうとそれをやめろとは言いたくないし、なによりもやはりアイドル嵐として歌ったり踊ったりキラキラオーラ満開な姿を見られるのは捨て難いのです。

アイドルの申し子のような潤くんがアイドルとしての活動を休止するということが一体どういう状況を意味するのか、具体的な想像がつかないです。

過去12年間ずっと嵐がいた私の日常がどのくらい変わるのか。

過去にしがみつき空虚な未来を生きるようになるのか。

 

潤くんは、驚きはしなかった、と言いました。

何かを振ってもあまり乗り気ではない人とともに大きなプロジェクトを続けていくのは難しかっただろうと思います。だからこそ、嵐が大好きで、嵐を輝かせるライブ作りが大好きな潤くんが、それを終わらせることを受け入れたのだと思います。あんなに大好きで、一生懸命に、時間を投じて携わっていたものを、止める。でも潤くんは受け入れたんですよね。

だから、私もライブのキラキラ潤くんを諦めないといけないな、と思っています。直に生の潤くんに‟会える”場所がなくなってしまうのは悲しいです。

嵐としての音楽活動もストップすると、踊る潤くんが見られなくなってしまうのが悲しいです。

ソロのレギュラー番組を持たない潤くんの定期的なテレビ露出がなくなるのが寂しいです。

メンバーにいじられて楽しそうに笑う潤くんが見られなくなるのが寂しいです。

 

 

でも、前向きに考えると、ライブ制作やレギュラーがないならば時期を選ばずして長期でドラマや映画の撮影にあたれるので、もしかするとお芝居関係のお仕事が通年で増えるかもしれません。それは芝居落ちの私にとっては願ったり叶ったりです。

ま、そうとでも考えないとやってらんねーわ!っていうのが本当のところですが。

 

こうやって書いてみるとなんだかとっても前向きな優等生的意見っぽい。

でも違うんです。

波があるの。

 

今、こうやってもっともらしいことを書いてはいるけれど、夜中になったらネガティブな考えが浮上してきてくらーくなるし、やけ食いするし、ふて寝しちゃう。

Mステはまだ観れてないし、28日の会見を取り上げたWSは未編集のまま。

ミルチのバレンタインもなんだかあまり気持ちが盛り上がらなくて、ファイルの確保のお願いすらしないまま今に至ります。

CM確保もせっかく録れた「甘えて」バージョンをうっかり削除してしまったり。

もう少し、時間が必要。

 

会見翌日のWSですっかり受け入れて前向きなコメントしてるファンの方々や、その後の番組に寄せられる前向き優等生コメントを見て、印象操作がすごいって思いました。前向きじゃないといけないみたいなプレッシャー。嵐の決めたことに文句をいうなんて許されない、みたいな。

でも時間がかかる人もいていいと思います。

文句、言ってもいいと思います。(誹謗中傷はダメですけど。)

自分の気持ちを吐き出すことで前に進めるってあると思うし。

 

私は正直言って前向きを強いる意見を見るたびイラッとしてます。自分を鼓舞してるだけなのかもしれないし、逃避なのかもしれないけど。

心が猫の額より狭くなってます。

 

 

 

*1:言うかもしれないけど。

ARASHI LIVE TOUR 2016-17 Are You Happy? 予約開始

お久しぶりです。長らく放置しておりましたが、今日は覚書的更新をば。

 

Arashi Live Tour 2016-17 Are You Happy? Blu-ray & DVD 5/31発売決定

 

4/17 (月) 日本時間の昼頃予約開始 

 

一年前の4/17(日)は99.9の初回でした。そして今日は相葉くんの貴族探偵の初回放送日です。春季の月9は朝8時なのでリアタイは出来ないのですが毎週録画予約して追っかけで観ようと思ってます。(ブログは書かないけど)ラッキーセブンやショコラティエの時は冬だったから早起きして出勤の支度して朝7時から正座待機で観たのが懐かしい…。

 

Are you happy?

Yes, I was, the most definitely.

 

12/27と12/28、東京ドームでの嵐さんライブツアーに参戦しました。

 

前年のJaponismの時にあまりの情報量の多さにもう一回入りたい!と吠えまくっていたくらい、これまでの嵐のライブというのはテーマに沿って細かく作り込んで歌詞にもしっかりとテーマに合ったメッセージ性のあるものが選ばれていましたが、今回はテーマがかなりざっくりとしているせいか、全体的に緩やかに編んだふわっとした布地みたいな印象でした。あまり作り込まずに、でも要所要所はきっちり手を入れてあるからほつれてボロボロにならない、みたいな。

 

ライブで化ける曲ってありますが、今回は断然「青春ブギ」でしたね。演出からダンスからコルレスまで全部ひっくるめてまるっと楽しい!

相葉くんのソロは流石の盛り上がりで、相葉くんのライブの盛り上げ方を見据えたみたいな選曲、すごいな!相葉くんすごいな!!ってなりました。だってDisco Star様からこっち、毎年ソロはすっかり相葉くんに持っていかれてますから!!

 

個人的にアルバムで一番リピートして聴いていたのが「Miles Away」で、あの白い衣装と照明の創り出す世界がただただ美しくて、暗闇に浮かぶ潤くんを防振双眼鏡でひたすらガン見していました。あまりに自担さまロックオン状態だったので、噂の「潤くんのソロフェイク部分で翔さんがわざわざ振り返り潤くんを見守る」っていうのを見逃してしまいました。ˉ̞̭ ( ›◡ु‹ ) ˄̻ ̊ 

 

この曲もそうだけど、大野さんソロがとても趣向が凝らしてあって、さすが大野さんは芸術家肌だなぁ!あの群舞の映像とか面白いし、日替わりでドア?壁?の開き方を変えるとかユニークな発想だなぁ、と。Miles Awayからの振り幅が半端じゃない。両方大好き。

 

翔さんのソロ、グッモーニンエヴリワーンのとこ、振りがかわいくってすぐに真似して一緒にやりました。そういうのがあると楽しいですよね。

「To my homies」は27日にお会いした潤友さんが言うには、ちゃんと翔さんソロからストーリーが繋がっているって。なるほど、確かに。しかもその後Driveに行くから運転手の潤くんはお酒飲んでなかったんですって。みなさんよく見てますね〜。

 

ニノのソロ、照明が凝っていて、これは客電も客ペンライトも消したくなるわ〜って思いました。ニノの歌声は相変わらず大好きですが、今回の畳み掛けるようなサビはもう最高ですね💕

 

そして潤くんのソロ、「Baby Blue」。アルバムを聴いた時から、優しくて潤くんらしい曲だなぁ、と思っていましたが、ライブの演出を目の当たりにして、潤くんの潤くんらしさを実感しました。

潤くんにとってのHappy、すなわち幸せを語るには、彼のプライベートでの交遊がある人々を避けては通れなかったんでしょう。普段は極力自らの口から語ることのない人々の姿がスクリーンに映されて、そこに一緒に映る潤くんの笑顔はまぎれもない幸せの表情でした。

この曲は潤くんの意向で今回のような友愛の意味を強く持ちましたが、完全にプライベートとファンに見せる部分を切り離してもっと違う方向で作ることだって出来たはず。でも、潤くんにとって幸せとは今の人々との出会いに恵まれた自分だということを実直に表現しようとする辺りが、もう潤くんが潤くんたる所以だって思うんです。自分にも人にも嘘はつかない。包み隠さずに。幸せだよ、って。

そしてそんな自分を私たちファンにも見せてくれちゃうって、なんだか「見せてもいい人たち認定」もらったみたいで少し、というかかなり嬉しくて涙腺緩みます。ずっとパブリックイメージに沿うように、求められるように強気のキャラを打ち出して来ていたし、未だに一般にはドMなの?ドSのJの間違いでしょう?なんて言われちゃうけど、実はぽてぽてしてる末っ子キャラ。スクリーンの写真の中の潤くんはまさに愛され末っ子のじゅんのすけでした。ファンならあれがまぎれもない松本潤の姿だと分かってくれるだろうってことかなぁ。

この曲は、潤くんの感謝の心であり、現状報告であり、未来への誓いなのかなぁ、と感じます。健気すぎて泣ける…。

 

 

わたくし、潤くんファンになって満10年になりました。

 

Every day いろんなことがあるけれど 笑顔は消えはしない

 

潤くんもセブンのアイスコーヒー買うんだねぇ…。コートかわいい…。

 

そして12/28、敢えて松本潤うちわを胸を張って購入しました。

 

数日後黄色いお店に再度趣き、敢えて「マツモトジュン」連打の長いレシートをもらいました。

 

 

こんな私ですが、これからもよろしくお願いします。