読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松本潤担ブログ @ニューヨーク830番地

遠くても。同じ空の下、繋がってるよ、とあなたが言ってくれるから。

「陽だまりの彼女」完成披露イベントとみそじぇいだ!

三十路ーーーー!\(^o^)/ (って何だそれ。爆)

三十路のJだからみそジェイだねぇぇぇ。爆爆!!

嵐の末っ子さんが本日とうとう30歳の誕生日を迎えました。

いや、めでたい

\(^o^)/

これで嵐さんの意識的にもより大人なグループへと変化を遂げるのかなぁ~、なんて思っています。

さみしいっちゃ寂しいけどね。

ごこいちでわちゃわちゃしてるのが癒しだったからさ。

ま、いくつになっても根本は変わらないんだろうけど。

今日は昨日の潤くん20代最後の日の映画完成披露イベントの様子がWSで流れるというのにその時間は絶賛残業中だったりしてションボリ…。

家に帰ってから録画したZIPをチェックしてふおおおおおおおおおお!!!と奇声をあげたりね。

本編のセリフがバッチリ入っとるやないけーーーーー!!!

きーーーあああああああーーーーー!!!

既出じゃないシーンの映像も流れたし!

あの超絶ぎゅうううのシーンの潤くんの「ちょっと我慢して」には杏樹さんと一緒のタイミングでキャーキャー言っちゃいました。

きゃあああああああ!!!!!

観たいぞ観たいぞ早く観たいぞ!!!(無理だけど)

映画館で観たいぞ!!!(無理だけど)

でも前売り券は優しい潤友さんが代行でゲットしてくれたのでちょっとは興収に貢献出来たかな。(観に行けないけどね。)

試写会を観た潤担さん方の感想曰く、

「前売り券、追加で買うべし!」

それ位文句なく素晴らしい作品に仕上がっていたそうです\(^o^)/\(^o^)/

そして個人的には主演俳優としてのお仕事が20代最後のお仕事っていうのが、何となく嬉しいなぁ~♡

私の勝手な希望で、このまま潤くんの30歳からの個人仕事の方向性にも繋がるといいなぁ~、なんてね。

来月には「はじまりの歌」も控えてるし、雑誌祭りも始まったばかり。

アラフェス、私は行かれないけど、それでも潤担大忙しなのには変わりなし!

頑張ろう!おー!!

今朝も出勤前にタップ企画を観てしつこく感動していました。

まだまだ新鮮に感動出来ちゃう。本物だからね。

そして日中、ふと、こんなことを考えていました。

普段散々潤くんの芝居ゴト押しの私だけど、潤くんがアイドルで良かったなぁ…と。

心から。

潤くんがもし仮に芝居一本の俳優さんだったとしたら、こんな風に24時間テレビのような番組で色々なチャレンジ企画に携わることもほぼ無いでしょうし、潤くんの温かい人柄を垣間見ることも叶わなかったかもしれません。

多分ね。

カンボジアとか吹奏楽とかタップとか。(生憎一回目はリアタイで観てないので割愛ね。)

マラソンのサポートも、手紙を読まれてうるうるする姿も。

レギュラー番組ももちろん例外ではなくて。

私たち一介のファンが潤くんをより深く知り、より近くに感じることが出来るのは色々なジャンルの仕事を通して色々な角度から潤くんを見ることが出来るからじゃないかって思うわけで。

潤くんがアイドルとして色々なお仕事に取り組んでくれるからこそ知り得る彼の人間性。

こんなに人を胸熱にさせる人って、一生のうちにそんなに出逢えるもんじゃない。

つかこのひとは只者じゃない!

もうね、なんか神々しくすらあるよね。

天使だよ、大きな翼を持った大天使さま。(真顔)

なのに朴訥として古風な部分も持ち合わせホットでクールでとてつもなく人間臭い。

不思議な人。

潤くんがあの時の潤くんで、かつ今の潤くんで、その場所に居続ける覚悟と努力を持った人で、本当に良かったなぁ…。

とにかく。

去年のハピバ記事にも書いたかもしれないけど、潤くんの全てがいちいち愛しくて大切な宝物です。

毎日好きが増えて行く感じ。

いや~、怖いね~。( ̄▽ ̄)

もう言葉に尽くせぬほど、大事な存在で、生活の一部で、生きる糧。

たくさん、たくさん、ありがとう。

バースデーカード、読んでくれたかな。

正直、今年はちょっと早過ぎ

たけどね。笑

お誕生日おめでとう。

これから一年、益々充実した日々が続いて行きますように。